FC2ブログ

携帯電話

昼間にぼんやりTVを見てると、NHKの1982年の「you」って番組で、まだ若い糸井重里や坂本龍一が司会のトーク番組の再放送があっていた。
「システムエンジニア」の若い男の子が、
「今は各家で扱ってるコンピューターが、誰かのコンピューターと繋がって手紙や電話みたいに交信が出来る時代が直に来ます」と言い、会場の若い子達は?って感じだった。
40年前は想像もつかなかったけど、本当にそんな時が来ましたね!(◎_◎;)

私は、37才だった。
博多に出て有線放送でバイトしてた時の同僚だった女の子が新しい物好きで、携帯電話を持ち使ってたのね。
寸胴でアンテナが付いてた。笑
彼女が新しい携帯に変えて、古いのがまだ使えるから「持ってたら」って貸してくれた。
「電話もだけどメールとか便利だから」と言うけど、まだ殆どの人が携帯なんて持っていなくてメールが出来るのはその彼女とだったし、携帯で電話をかけるって事もなかった。

その頃とてもショックな事があり、何もかも嫌になって家を飛び出した。
行く宛もなく電車に乗って小倉駅に着いた。
このまま関門海峡を渡って北へ行こうとした時、「クジラに逢える町、大方町」と言う大きなポスターが目に止まる。
小さい頃、いつかこの目でクジラを見るのが夢だった事を思い出し、同時にそれはアラスカみたいな遠いトコまで行かなきゃ無理な事だと思っていた。
ポスターの指示通りに小倉駅から港に向かい松山行きの船に乗り込む。
松山から大方町を目指して電車を乗り継ぎして、それはかなり長い道のりだった。

漁師船で、船の横にピッタリくっついてゆったりと泳ぐクジラと時間を過ごして私はとても気持ちが楽になった。
いろんな煩しさが小さな事に思えて、もうこれ以上遠くに行かなくていいよ、って思えた。

中村と言う町の安い宿に泊まり、近くに四万十川が流れていて、私は翌朝貸し自転車で川のほとりを散策した。
沈下橋のたもとに自転車を止めて橋の中央まで歩いた。
橋に腰掛けて足を投げ出して、何時間も座り込む。
「なんて静かな時間」
日が暮れて、初めて私は携帯電話で彼女に電話をした。
「どうしたん?」ってビックリした声。笑
「今、四万十におるんよ。川が凄く綺麗」って言う私に、何も聞かずに「そう、良かったやん。ゆっくりして帰りね」と彼女が言った。

私には全く必要はない、と感じていた携帯電話だったのに、戻って彼女の携帯を引き続き契約して使わせてもらう事にした。
それが私の携帯電話デビューだった。

昨年からライブもなく自粛の日々、
誰かと繋がっているのは、ただただこのスマホなんだから^ ^
人生っておもしろい。


「すっぴん」

昨日夜中に酔っ払って電話が来た。
「すっぴんはいいな。いや、ホント良い」だって!笑
大分の濱崎さんからも、
「純子さんは不本意かも知れませんが、僕はすっぴんがとても好きです」
と年末にmailが届いた。
そうなんです。
発信する方としては、キチンとした綺麗な音でお届けしたいと思うの。
でも、ファンの方々はそんな事とは少し違ってるようです。

宅録を始めた頃、つくちゃんから
「純子さん、ハンディーレコーダーの音源聴きました?」ってmailが来た。
「これなかなか良いですよ、CDにしませんか?」って。
先に話したように私はキチンとした音源でCDは作りたかったから、最初は却下だったけど、
その後の話で宅録で安くCDを作ってその売り上げをライブハウスに寄付しようと言う話に変わって、なら、このハンディーレコーダーの音源を100枚程CDをご予約頂いた先着の方にプレゼントは?って事になった。
それでハンディーレコーダーもMTRと同時に録音する事にしたの。

「すっぴん」はね、「純子ファンディング」にご参加頂いた人にだけしか送っておりません。
だから50枚いかない程しかお配りしてないの。
「もっともっと聴いてもらえば」って声もあるけど。。。
良いと思ってるの、これだけで。

その代わり「シークレットディスク」は各お店にもお配りしてるから100枚程出回ってます。笑
お店の配布もね、最初20〜30軒と予定してましたが、いざ進めていくと50軒弱送りました^^
お陰で歌本は残り手元に数部、CDは1000枚あったのが300程です。
この先しばらくは私はCDも売らないつもりでいます。
自粛が解けたら、出来るだけお店で買ってもらって、足りなくなったらお店に送ります。
皆さん、緊急事態宣言が終わってコロナが落ち着いたらどうぞお店でご購入ください。

それでも、実は他に「すっぴん」をお二人だけ送りました^^
一人は大分の「GooGooPeco」のマスター録さん♪
CD「蔵出し歌集」と歌本と「シークレットディスク」をお店にお配りしたところ、

「早速 goo pecoでキーコさんと聴いてます。
ちょっと…涙が出て来そうになってます😄💧
なんか凄く嬉しいです😆
で・・気がつきました❗️
買い揃えていたつもりだったんだけど😅
1枚足りないのに気がつきました😆
ちゃんと買い揃えますね❗️✌️」

とあり写真があるんですが、不思議。。。
「蔵出し歌集」と「歌本」と「シークレットディスク」と一緒に、
もう完売になった「旅の途中」や「月の揺らぎ」もあるんです。
ないのは大分のナッパの家の納屋でタケさんに録ってもらった「OpeningTime」。

録さんに「その一枚は完全にもうないCDなんです。だからなくて当然なんだけど、どうして完売になったCDがあるの?」ってmailした。
そしたら「この2年位の間にネットで一生懸命に探しました❣️😁✌️」って!
いやはや、、、なんか私も感激してしまって、
「そのコレクションの中に「すっぴん」も是非入れてください」って送っちゃったって訳。笑

それから3日程して姫路の方からCD「歌うたいの恋」と「LIVE2010」の注文が来た。
「蔵出し歌集」と歌本は姫路の「PuuTeeCafe」で買います、とある。
そして「届きました」とmailが届き、

「私の持っている純子さんのCDは添付させていただいた数になりました。
K.Countyのライブの時、うっかり購入し損ねた美しい横顔の3rdアルバムが販売終了となっていたのはショックでした。隊長さんのお店に置いてあった気がするので、また聞いてみます。」
とあって、「蔵出し歌集」と歌本と、「旅の途中」となんと「OpeningTime」もあるんです!

その方に、どうしてそのアルバムを持ってるのかを聞いた。
それは20年以上前に友達の納屋で録ってもらった、非常に音も良くなく、2007年にスタジオで「OpeningTime2007」と言うリメイク盤を作って出来る事ならこちらとシフトして貰いたいと思ってる話をした。

「15年くらいか前に友人から貰ったものなのです。」
と返事が届く。
友人宅に行って目についた「旅の途中」と「OpeningTime」。
「このアルバム借りても良いか?」って聞いたら「持っといて良いよ」って言われたそう。

私はその頃は九州内くらいしか回ってなくて、姫路にも行ってない頃です。
本当に不思議。。。
って事で、その方のコレクションにも「すっぴん」を入れてもらいたくて送らせてもらった。
だってね、
「それで家に帰って聴いたら、やっぱり私の直感は間違いなかったと思いました。
何度も何度も聴きました。純子さんとのご縁はここから始まったわけです。
純子さんは納得されていないようですが、私は1stのこのOpeningTimeは大好きです。
一発録りだったのですね!凄いです・・・。
音も決して悪いとは思いません。
むしろ生々しくてストレートでエッジが効いてて、何とも言えないシンプルな勢いがあって・・・私は大好きです。」
ってあるからきっと「すっぴん」も気に入ってくれるかな、と思って仲間入りさせてもらったって訳なんです。


2021年丑年

昨年5月、全くライブがなくなって自粛の最中、
10曲程手書きで歌詞にコードを付けたのを書いてもらえんかな?急がなくて良いし、料金は純ちゃんの良い値で。。
と、収入がない私を気遣ってか?高知の弘田さんからそんな話が来た。

高知に行った時ばかりじゃなく、日頃からいろいろと気にかけてくれる弘田さんのお願いなので、真面目にコードを調べながらせっせと書いたけど、10曲出来るのにかなり時間がかかったの。
それでも弘田さんはメチャメチャ喜んでくれて、
「こんなの欲しい人他にも居ると思うよ」って言って、その事が今回の歌本を作るきっかけとなった。

「100均でファイルを買って、その10曲をコピーして入れて、表にシールでも貼る」なんて考えてたら、ヤッピーから「純ちゃん、今冊子作っても安いよ」ってアドバイス貰って、少しずつ少しずつ話が進んだ。

そんな弘田さんから年末のご挨拶に、
「何より、純ちゃんのファンは、純ちゃんが思っている以上に純ちゃんの事が好きなんだよねぇ~😃🎵
そして、協力を惜しまない友が居る‼️
手書きの歌本、手作りのCD、ファンの人達にすれば、それこそ『宝物』なんですよ‼️来る年が、平穏で明るい年で、何の心配もなく集い歌える年でありますように」と届きました。

それから、津山の恵美さんからも、
「時代の変化に負けずにいて下さい。
純子さんを大切に想い、守りたい人はいっぱいいますから」と振込票に書き込みがありました。

コロナでね、
ソーシャルディスタンスと仕切りに言われ、
人との距離をと言われ続けてきた。

だけど、こんなに近くに感じられる。
心の距離はこんなにも近い。

2021年
今年は皆さんに逢いに行けます様に♪


純子ファンディング3

「だったら純ちゃん、クラウドファンディングやろうよ。リターン商品を確認してからの募金なんで、みんな納得しての事だから何も心配要らないよ」とヤッピーが言った。
当初、私は安く歌本とCDを作って、地道に売ったお金をライブハウスに支援出来ないものかと考えていたの。
「純子さん、ライブハウスに現金を送るのは難しいよ。幾ら売れるかもわからんし、それを20〜30件均等に送るって言っても大した事は出来んやろうし。それよりヤッピーが言うようにクラウドファンディングで集めたお金でCDと歌本を作ってライブハウスに支援物資として寄付するのはどうだろ?そしたら今年ライブに行けなかったお店でCDが売れて純子さんの宣伝にもなるし、次のライブに繋がるんじゃない?」とyotaりんです。
「それは良い!誰も損せんね」とヤッピーです。
実のところ、私はね「お店には返って迷惑かけるんじゃないかな?」とその時は思ったの。

あ〜、不安がいっぱい(>_<)
リターン商品は、私の歌本とCD。

まだ歌本も書き始めてなかったし、もちろんCDも未経験の宅録を始めた頃だった。
時間はあるから、とにかく安くCDを作ろうと考えてたし。。。
漠然とした歌本、それとスタジオでもなく宅録の音源のCDがリターン商品。

yotaりんが、「僕が撮った写真で良かったら、大きくして写真集みたいの作ろうか?」と言う。
漠然とした歌本、それとCD、それと私の写真集(>_<)
不安はつのる。涙

「そうそう、グッズのTシャツやポロシャツもあるよ!リターン商品にする?」と言うと、
「そんな残り物みたいのをリターンに使うのはやめましょうよ」と3人から却下された。爆

皆んなで「クラウドファンディング」を調べる。
ヤッピーは「3000円のコースは大体『お礼のメール』とかなんよ」って言うけど。。。ホント確かにそう。
しかも3万円、5万円、10万円のコースとかざらにあってビックリ!!(◎_◎;)
「私ゃ、出来ても3000円やね」とか、またyotaりんが言うから。。。不安はつのる。涙

もとより、誰かが喜んでくれる事を何時も願ってる私としては、3000円で『お礼のメール』なんて納得いかない。
しかも、手数料が17%ってある!
頑張って頑張って50万円集まったとして手数料が85000円!(◎_◎;)
「その手数料分は、人吉に送りたい」と集まってもないお金の手数料の行き先を考えたりした。笑

そんな時、つくちゃんがふと「クラウドファンディングって、大勢多数に向けてやるもんでしょ?リターン商品がCDや歌本って、募金の参加者はファンの人に限られてくるから、別にクラウドファンディングやる意味は無いんじゃない?」と切り出す。「確かに〜!」とみんな納得。
「ホームページとかで開設したら?ま、それも参加者は限られるから目標までは遠いよなぁ」って。。(>_<)
とにかく考える事がいっぱいで、不安がいっぱいで。。
眠れない夜が続く。涙

4人で時間を合わせて、何度もファミレスに集まった。
ファミレスのコンセント借りてwifiもお借りして(笑)大人4人で一台のパソコンを覗き込んで、ドリンク券で4.5時間いる事も何度かあった(>_<)
みんなね、クラウドファンディングの収益がかなり不安だったからか、節約に協力してくれて。。。
A4で書いた歌本を、B5で縮尺コピーして様子を見てみたいのに、我が家のプリンターは調子が悪く文字が滲む。涙
「こっそり会社でコピー取って送りますよ。役得です。なんならヤッピーにはスキャンとってデータを送りましょうか?」ってつくちゃんが言ってくれて私もヤッピーもかなり助かった。
それと打ち合せは皆市内なので福重のジョイフルなんだけど、ヤッピーは必ず糸島までお迎えに来てくれた。
だって電車代が往復1000円以上もするの(>_<)
つくちゃんが送ってくれたコピーを見て、あんまり味気なかったのか?笑
「歌本に全国のファンの皆さんの写真を載せるってどーかな?」って提案したのはヤッピーで「それはいい!」って皆んな賛成した。

結果、言い出しっぺのヤッピーは、歌本の写真作業に追われまくり、つくちゃんは音作りバタバタの中、ホームページの「純子ファンディング」を作る作業も任された。笑


ご参加頂いて、商品が届いた方々から続々とメールが届いてます。
皆さん、歌本とCDとこの「ライブハウス支援」にホント喜んでくれています^ ^
私はね、歌本とCDをライブハウスに寄付する確認の為、この一年逢えずにいたライブハウスのマスターやママと久し振りに電話で話せて、それも嬉しかったの。今月だけ携帯をかけ放題にしたし。笑

今年はコロナで、突然皆さんと逢えなくなって、ライブも出来ず収入もなく。。
散々な年だったのに。
今、とっても幸せな気持ちです。
これも全て力を貸してくれた方々と力になってくれた皆さんのお陰です。
感謝してもしても仕切れない。

本当に、ありがとうございました。

純子ファンディング2

正直、間に合わないと思ってた。
12/25にCD「蔵出し歌集」が届く予定で、それまでに全て終わってるはずが、CDが届いた時点でまだ「シークレットディスク」の音も決まってなかった。
皆さんに年内には届けたいと思ってたからね、最悪「シークレットディスク」と「すっぴん」は年明けに別便で送るようになると覚悟してた。

CD「蔵出し歌集」が届いて、やっと「シークレットディスク」の音が決まり、今度は「すっぴん」の音源を確認しながら、つくちゃんが「シークレットディスク」のレーベルを印刷したり、焼いてくれたりした。
これがまた、乾燥スプレーをあてないと印刷が上手く出来なくて。涙
つくちゃん、頑張ってくれたの。

基本「すっぴん」はハンディレコーダーで録ったまま、何も手は加えない音源なので、cusubeに取り込んで頭とお尻を整えるだけの作業です。とは言え、計り知れない時間がかかった「シークレット」程ではないにしても。。

25日の土曜日がお仕事で、昼間に私が「すっぴん」の音源の最終確認をし、その夜からつくちゃんが「シークレットディスク」と「すっぴん」を作ってくれた。
「日曜日の夜に家族で外食になったから、夕方迄にはあげたい」と連絡が来てね(>_<)
印刷やコピーを超特急でやってくれた。

夕方「すっぴん」が出来た、って連絡が来て姪浜まで取りに行き、それからは詰め込み作業です。
朝10時まで頑張ってそのまま出来た荷物を郵便局に届けに行く。
この所5時や6時に寝る事もあったけど、流石に10時までの作業なんて何十年振り!!(◎_◎;)
3時間程の仮眠を取り、また引き続き作業し18時に全ての荷物を詰め込んで郵便局へ。

無事に終わりました。
yotaりん、ヤッピーとつくちゃんと、、、
本当に頑張ってくれました。感謝です。涙

18時過ぎ、19時まで開いてる糸島の本局まで最後の荷物を届けに行って、もう暗くなった帰り道のカーステレオからサザンの「TSUNAMI」が流れてて。。
疲れからか安堵からか、涙がボロボロと溢れた。
桑田さんのメロディって、ホント「日本の宝」よね。
優しい。。。

今日もありがとう。
寝ます。
今夜は、寝ます。
バタン!(>_<)笑