FC2ブログ

夢来やっちゃん

5年とかに一度の同窓会でしか会わない河野くんからメッセージが届いた。
「こんにちは🎵
ずいぶんご無沙汰してます。
河野です!
元気にしてますか?(^^)
7月に大石でライブをやりませんか?
日程や詳細は大石さんから改めて連絡かあると思うのでヨロシクお願いします(`◇´)ゞ」と言う話で6月18日の事。
私は北海道の苫小牧にいて、旭川に移動ってところだった。
「7月なら最終の27日に福岡があり、その翌日の28日。
8月で良ければ3日なら余裕あります」と返事をした。
「なら8/3にお願いします」とすぐに決めてくれた。

「大衆フォーク酒場大石」は、2017年2月に夢来の小野やっちゃんが企画をしてくれたお店だった。
忘れられないのは、
前の年の2016年7月にやっちゃんが大分の「SCENE」で企画してくれて、いつものように甲原さんが来てくれた。
「純子さん、僕の家がな、すぐ近いんよ。
今度時間がある時に飲みにおいでよ」と言ってくれた。
なかなか人の家にお呼ばれするのは気がひけて。。
それが翌年の事、毎年来る甲原さんからの年賀がなく、
1月半ばも過ぎて「喪中」が届いた。
甲原さんが亡くなった、とある。

やっちゃんに電話した。
「そんなん知らんで。甲原先生、7月の「SCENE」に来ちょったやねぇかえ〜」って。
そうなの、だから電話したの。

「家に連絡したら、甲原先生やっぱり亡くなったそうやわ。純ちゃん、2月の大石の時早目に来て甲原先生とこ行くかえ?連れて行くで」ってやっちゃんが言った。

大石の日、駅にお迎えに来てくれて、
ランチをご馳走してくれて、リハの前に甲原さんの家に向かった。
昨年7月のライブの後、甲原さんは9月の夕暮れに「夕焼けが見たい」って奥さんと近くの公園に行って家に戻って来て頭が痛いって倒れて、そのまま亡くなったそうです。
「主人のアトリエ、まだそのままにしてあるんです。見られますか?」って言われて通された。
部屋のテレビのすぐ横の壁に私のフライヤーが貼ってある。
「主人はいつもここに座って飲みながらテレビを見てたんです。きっと喜んでると思います。純子さんとここで飲みたいって言ってたから。手作りの真空管のステレオ、これもよくかけてました」と言い、そちらを見ると真空管のアンプの上に私のCDがあった。
どうして私は、お言葉に甘えてここにお邪魔しなかったんだろう、と真剣に悔やまれた(T_T)

「大石」と聞いてそんな時間を思い出した。
もう、逢えない人。
もっと逢っておきたかった人。
その日の大石のライブでは、アンコールに甲原さんの事思って「追憶」を歌った。

6月27日同級生の岡島くんから電話です。
「北海道やろ?天気はどう?」
岡島くんね、私のツアーのチェックはちゃんとしてくれてる人なんです。だからね、ツアー中の電話だなんて何かあったのかな?と思った。
「それとな、誰かから聞いたかも知れんけど。
夢来の小野さんが亡くなったそうなんや、昨日」

ねぇ、ちょっと待って。
なんで?そんな事あるはずない。

「大石」の日、やっちゃんが好きって、俺も歌っていい?と言ってくれてた「とまどい鎮魂歌」を歌った。
翌日は智ちゃんとキミさんがやっちゃん宅に連れて行ってくれた。
4月に腰が痛くて病院に行ったら膵臓癌、ステージ4で余命3ヶ月と言われたそうです。
でももう一度歌いたいって、凄く頑張ったって。
「晩ご飯を食べたらすぐにここに座ってギターを毎晩弾いてたんですよ。よく原口さんのCDをかけて一緒に歌いよったわぁ。原口さん、主人の分までこれからもずっと歌ってな」と奥さんが言った。

もう逢えない人。
もっと逢っておきたかった。

「最初の頃はな、ライバル心でいっぱいやって話もせんかったけどな。今は純ちゃんのファンで!」
そう言って私のTシャツを着て、ライブの企画をしてくれた、あの頃憧れだった夢来のやっちゃん。
私がそちらに行くまで、そちらで楽しく歌っていてください。

ありがとう。
心よりご冥福をお祈りいたします。

暑中お見舞い申し上げます。

今年も猛暑。
昨年の夏の暑さは、恐らく史上初の暑さだったと思います。
それでも、今月のバンボストックも雨だったからそこまでの暑さではなくて、
稲美でも夜は少し肌寒い夜もあったくらいで、今年は少しマシなのかな?って思ってたら。。。
九州に戻って翌日梅雨明け、途端にすこぶる暑さです(涙)
暑いの苦手。。。

部屋に大切なギターが3本。
実は、ホントはもう1本可愛いらし〜いギターがあるんですが^^
除湿機をつけないと湿度は68%だし気温は31〜2℃
それで除湿機をつけてエアコンをつけて。。。
そしたら47%の28.5℃位になってます。
それでも夜は喉がおかしくなるんで、消してます。
途端に寝苦しくて(>_<)
皆さんも、寝苦しい夜をお過ごしかと思います。
どうぞ、日中の暑い中でのお仕事、
夜は疲れた身体をゆっくり休めてくださいね^^

土曜日はチープサイド、久富くんとライブでした。
彼は、私が別府から福岡に出た頃「照和」や「ウェザーリポート」や「にんじんハウス」やら、
同じお店で歌っていて、その頃の知り合い。
4月の初のチープサイドの時、たまたま帰省していてお店から実家が近いと言って来てくれた。
で、7月にまた福岡へ戻るって話で、今回二人で福岡ライブをすることになりました。
でね、その頃からの久富くんのファンの方が沢山来てくれて、そしてあの頃の私を知っていると言う方も数人いて、非常に懐かしい時間になりました。
と、言っても私はほとんどその頃の記憶ってないですが。。。
そう、だって35年くらい前の話だもの!(◎_◎;)

時間が過ぎるスピードは恐ろしく早い。
先の事を考えるのはとても不安になるから、考えないようにしてる。
かと言って、昔の事ばかりを考えるって事でもなくて。
それでも、懐かしいことに出会ったら、それはそれで楽しくなる。
あの頃はあの頃で、悩んでばかりいたんだけど、今ではそれさえも懐かしい^^

大分の頃、サークル仲間だった富田くんが「プロになる」って東京へ行った。
「毎年受けてるビクターのコンテストの応募用紙、今年も取り寄せたけどお前が受けろ」って言った。
私はその大会で全国大会に行って中野サンプラザで歌をうたった。
でも東京で富田くんとは会えなかった。
それから宮崎から戻った三吉さんが一年程私の後ろでサポートギターを弾いてくれていて、
ある日仕事場に電話がかかった。
「今、大分空港におるんや。これから東京に行く」と言った。
「身体に気をつけて、頑張って」と言おうとしたけど、声にならなかった。
私はいつもおいてけぼり。

「もっと歌がうたえたら」と思って、福岡に出た。
んで、知り合った久富くんも自信いっぱいで「プロになる」って東京へ出ると言う。
自信のない私はまたおいてけぼり。

ライブが終わって、皆さん帰っていって、
久富くんと話してたらそんな事思い出した。
あの頃は「プロになる」なんて自信もなくて、ただ歌えたらいいって程だった。
そしていつだって「またひとり」みたいな思いで寂しかったけど。。。
気がついたら、三吉さんは東京のライブの時に顔だしてくれるし、
久富くんとは福岡の地で一緒にライブ出来たし。

寂しくて泣いた夜もいっぱいだったけど、
今はね、みんな逢いに来てくれて嬉しい時間を過ごしてる。
それはそれで、なかなかいい人生なんじゃない?って思ったりした夜でした。

稲美邸

しまったなぁ、またこんなにブログを書いてない(>_<)

5月の高知、初めての「未来仙人」の企画、津山から恵美さんが同行してくれてそれは楽しい高知になった事。
「原口純子が高知に来るから人を集めるんじゃなくて、これからは僕たちが原口純子を高知に呼ぶから」って言葉が嬉しかった。そして新しいお店に50人からの人を集めてくれて、「次の高知は私のお店でも」って言ってもらって、11月には高知と土佐とでライブを決めてくれた。
翌日は恵美さんの希望で植物園見学の後、ひろめ市場でお昼から鰹のタタキ^^
「未来仙人」が集まってくれた。

6月の北海道は、今年は井戸さんのmailから始まった。
「6月21日に手術になりました。出来るならその前にツアー組んでもらって純子さんの歌を聴いてから手術に望みたいです」って。
それで14日に札幌のライブを入れて、翌日は井戸さんから「手術前にメロンの食べ放題とウニ丼を食べておきたいのでどちらかご一緒しませんか?」って究極の選択を迫られた。笑
結果、積丹までドライブしてウニ丼をご馳走になりました♪

苫小牧では、千葉さんや種さんに、
旭川では「北斗」の店舗の2階にお泊まりさせてもらい、
釧路では「SLO兎」のママに、
中標津では、千恵美ちゃんと英さんに、本当にお世話になりました。
帯広では、まぁちゃんがいつもの「北の屋台おかげさん」に連れてってくれた。
「おかげさん」のママとマスターは7人程しか入らない屋台にギター抱えて現れる私たちに嫌な顔するどころか、メチャメチャ歓迎してくれて、親戚の家に来たみたいにいつも落ち着く。
でもね、来年の3月で辞めちゃう、って。。。
「えー、私の帯広の夜の楽しみがなくなるぅ」って言うと、
「違うのよ、今度からは私たちが純子さんのライブに行けるようになるの」ってママが言った。

そしてブルースマン「朝日堂」の良ちゃんにお寿司をご馳走になって。。。
あ、良ちゃんね!
お寿司を食べて「朝日堂」に戻っていつものようにアメリカンドーナツを頂いてたら、
「純子さん、悪い。今夜のライブは行けなくなってな。チケットだけ買わせてもらうわ」って言うんで、
「良ちゃん、大丈夫。来れないのにいいから。今度の時にまたお願いします」って私が言うと、
良ちゃんは、引き出しを開けて分厚い封筒を取り出した。
「この中には今まで行ったコンサートのチケットが全部入ってる」って言うの。
「俺が死んだら棺桶の中にこの封筒を一緒に入れてくれってカミサンに言ってるのさ。そしたらあっちに行っても優先してみんなに逢いに行けそうな気がしてな。ティナ・ターナーもポールマッカートニーもクラプトンもストーンズも入ってんだ。その中に純子さんのチケットも入れておかなきゃなんねんだ」って言った。
「でもまず逢いたいのはジョンとマリリンモンローなんだわ」って笑った。
良ちゃんは粋でとてもカッコいい。

北海道から戻って、関西を回った。
去年の春、ホテルに迎えに来てくれた隊長が「純子さん、もうちょっと待ってな。純子さんにゆっくりしてもらえるところを作るさかい」って。
で、昨年12月稲美にライブハウス「K.county」を作って、そして「2階は自由につこうてな」って。
「これからはここを拠点にいろいろ回ったらいい」って言ってくれる。
阪九フェリーが朝の7時に神戸六甲アイランドに着いて、港では隊長が待っててくれて稲美へ。
翌日は京都へ、日曜日は京都の宿に朝9:30にどっすんがお迎えに来てくれて、姫路まで。
姫路のキャンプ場での雨のバンボストックが終わり夜にどっすんが稲美邸に連れて帰ってくれて、そのまま一週間。
毎日のように恭子や門積さんや櫻井さんが来てくれて、木曜はよっしーとキャンちゃんと温泉に行った。
「K.county」のライブ前日は、青木夫妻が魚の棚で立派な鯛を2匹用意してくれて、うっちーが四国のじいちゃんが作った漁師めしと言うのを作ってくれた。
鯛を焼いて身をすり潰して味噌と和えて水で解いたのをご飯にかけると言う。
みんな最初は「お刺身で食べた〜い」とか言ってたのに、それがまた美味しくて。。。
「さつま」と言う漁師めしだそうです。

水曜日の午後3時に櫻井さんが来て6時過ぎまでギターの話をして、入れ違いで崎谷さんが来た。
「そうそう、21日には純子さんに弾いてほしいギターを持っていきます」とfacebookに書き込みがあって、Martinを抱えて来た。
「純子さん、弾いてください」って手渡してくれて、少し爪弾いて「いい音ですね」って崎谷さんに返すと、「純子さん、弾いてください」ってまた渡された。
「純子さんのイメージやと思うギターやから使うてもらえたらと思って」と言われて、
私はもうビックリしてドキドキして。。。
Martin00-18V、1945年のモデルのヴィンテージ。

なんかね〜、朝まで寝れんかったの。
どうせ眠れないならと、B25と00-18とを弾いてみたり。。。
そしたら曲が出来た。
沸いてくる詞に、いろんな事を思い出して涙が出て、なかなか先に進めない。
きつかった事いっぱいあったけど、どうにか歩いて来れて良かったなって。
あの頃は、食べれなくて眠れなくて死にそうだったなって。。。

そして、
私が隊長と出逢ったのは神戸の小さな楽器屋さんだった。。。
そんな事が頭の中ぐるぐると。。。
そんな夜。

「稲美邸」
誰かがそこにいても心かよわない
うまく笑うこともむづかしくて
そんな夜は「死にたい」と言った君を
思い出してはまた眠れない

そんな事はないよ
そんなはずはないよ
そんな事ばかりじゃないよ
そう今夜叫ぶ

眠れない程の幸せな夜が
来ることなんて あの頃は
眠れない夜の辛い日々を
思い出しながら 泣いている

不安事

地元福岡のライブも終わり、いよいよ長い北海道のツアーが始まります。

とりあえずは今日は昨日来てくださった方やアンケート頂いた方にお礼のmailを送った後、
昨日ドタキャンだったあきおさんに「お見舞いに行きたいんだけどなんか食べたいものある?」って連絡をした。
沖縄にいた頃は、正体不明まで飲んでたからね、それはそれでとても心配してましたが、
今の熊本の現場は仕事帰りが毎晩1時2時みたいで時には4時までやってるらしく、私は真面目に過労死を心配してる(>_<)
今回の企画のまゆみちゃんがライブの出欠を集めてる時も最後の最後に「多分行けると思う...」って一言だけ夜中に書き込んでたし、昨日はopen前に「ゴメン。体調不良で欠席します」なんてLINEが届いた(T_T)
とにかく皆んなと笑って楽しい事が大好きなあきおさんです、こんな事初めてだった。
「どした?大丈夫?」って返事に「6日に下血して貧血がひどくて...さっきバス停まで行ったけど立っていられなくて戻ったんよ」と帰って来た。

あきおさん、多分今年60才?
若い世代が少ない、とは言ってももう少し仕事楽にならないものかなぁ?
なんて思いながら、少ししんどそうなあきおさんに会ってきた。
それでもこれから熊本に戻って、明日からまた仕事なんだって言ってた。
今夜はあきおさんの為にお祈りして寝よう。

で、北海道の支度です。
昨日のライブの為にB25の弦を張り替えたし、
今週末の北海道は、ギターをどちらにしようかと考えてます。
昨年のツアーは殆ど0-18が頑張ってくれたから、今年はB25に頑張ってもらっていて、
やっぱりB25にしようかと思ったりしてる♪

音色も音質も全く違うギターと出逢えて、不思議な事は出来る曲が違うの。
B25を抱いて出来る曲と、0-18を抱いて出来る曲。
0-18では「霧の町に」みたいなメローな曲で、
B25は「リグレット」や「今夜もウィスキー」みたいなブルージーな感じだったりする。
この頃はよく曲が浮かぶし、それがとても面白いんです。

本当は2本持って行けて、曲に合わせてギターを変えれたらいいんだけど、
そんな事も出来ないからどちらかを選ばなきゃいけなくて。
なかなかそれが悩みどころなのです。
「今回は君に頑張ってもらうよ」って声をかけて、
「ゴメンね、今回はお留守番お願いね」って声をかける。

なんて贅沢で幸せな悩みでしょうね^^
B25を持って23年、ツアーの前にはギターが壊れた悪夢で何度も汗をかいて飛び起きた。
「プロなのにギター1本とかダメでしょ」って言われても、
長い間お気に入りのギターに巡り会えずにいた。
だから、今はとても気持ちが安定してる。
もう、ギターが壊れてジタバタ焦る夢も見なくなったし。

それなのに。。。
やっぱり眠れないのは何でだぁーーー?(>_<)

懐かしい音源

大阪のBLOWの明さんから「あの頃の音源があれば聴いてみたい」って随分前に言われていた。
明さんは、私が20才の頃にビクターのオリジナルコンテストを受けて全国大会で中野サンプラザで歌った時に、ビクターに所属していて会場で歌を聴いていたって人で、明さん曰く私は「戦友」なんだって。笑
で、その頃探して見つからなかった音源が別のCDを探してたら出て来た。

昔から自分の音源なんて殆ど聴くことがなくて、
果たして人に聴かせていいものなのか?不安で。。。流石に部屋で聴いてます。笑
大分の頃、ポプコンを受けて博多のヤマハのUスタで録った音源、これってエンジニアは吉田しんちゃんよね?とか、
博多に出てビブレホールでのソロライブ、これは淳平がギターだったな、とかベースのグンジはメチャ間違ってるわぁ〜とか、
大分のジーグの記念ライブに博多から呼ばれて、あの時は都留さんがアレンジだったな、とか。
そんな事思い出しながら。
そしたらね、
声も若いし、歌い方も変わってるし、もう歌ってない曲も沢山あって。。。
でもね、懐かし〜い!
「頑張ってたんだなぁ」なんて思って、なんか胸が熱くなったりしてる。笑

「新しいCDはまだ?」って本当によく言われてます。
糸島の「シエスタ」で作った頃は「毎年一枚10年作ろう」って村さんが言ったけど、結局は5枚だった。
でもこれは宝物になったのね。
立派なスタジオに素晴らしい機材とエンジニア、同じスタンスでは考えられなくて。
それが、
「そんな力入れずにライブ集めたのでもいいやん、CD作ろうよ」ってこの前yotaりんが言ってた。

そうそう、yotaりんが今年9月に退職して時間が出来たらこれまでの写真を整理して写真集にしようかな、とか言ってるし、ならその時一緒に新しいCDを作って写真集付けようか、とか。笑
岡島くんも「その時は2枚組にして、1枚はカバー盤にしてよ」とか言ってるし。
長崎のあーさんは「儚い」って写真集を出してね、プレゼントしてくれたの。
「その代わり純ちゃんの新しいCDをお返しに頂戴ね」って言って。

なんかさ、みんな待ってくれてるから。
頑張って作りたいな、とか思ったり。。。

この頃は眠れなくて、一昨日も昨日も4時(>_<)
今夜は早く寝ようと思ってたのに。
こんなCDが見つかって。笑
また眠れないのかなぁ〜(T_T)