忘れられた約束

いつの間にか私の後ろに小さなモヤモヤが立ちすくんでいて、
斜め前の方向から新しい別のモヤモヤが私に向かって近づいてきた。
そうすると、
真正面からもいきなりガツンと大きなモヤモヤがすぐ目の前に、
私はモヤモヤに挟まれて、後ろにも前にも身動きが取れなくなってしまい。。。
この頃は、眠れない夜を過ごしていた。

今夜は、
それが一気に突風が吹いて全てをさらっていった。
見事に、一瞬の出来事だった。

「あんたなぁ、小さい事気にしよったら病気になるで」と電話の向こうでケラケラ笑う。
彼女と話してるといつだって不思議と落ち着く。
ありがとね。

「ね、ブリックの後って打ち上げとかないって言ってたやろ?なんか食べに行こうよ」って(涙)
そんな事覚えていてくれたんだね?
感謝してる。

今夜こそは、寝なきゃ。
ライブに備えて。
明後日はブリック。
久し振りのライブ。
楽しみにして待っていてくれる人がいるの。


死んだ女より もっと哀れなのは
忘れられた女です
~マリーローランサン「鎮静剤」~