広川町産業展示会館

9月の「TUPELO」の時にさかもとふみや氏より
「11月に齊藤洋二さんと九州を回りたいんでその時福岡で一本やってもらえんじゃろうか?」と相談された。
私ね、出来るとしても「TUPELO」で20~25人ってトコかな?って考えて、
「ふみやさん、私充分な事は出来ないと思う」って返事をしたら、
隣でとしぼーが「和子に相談してみたら?あいつ最近頑張ってねーし!笑」と笑う。
「ならとしぼーからお願いしてみてもらえる?」と甘えてみた。

和子から「会場、ふたつあるとやけど?
ひとつはイタ飯屋さんで30人程の店で食事付き、でもPAが無いとよ。
で、ひとつは300人キャパの会場でPAもあるし半分で仕切れたりもするっちゃけど、
そこがさーその日ピアノの発表会があって17時からしか使えらさんげな、純ちゃんどー思う?」
私はね、とにかく和子がきつく無い方にして欲しかった。頑張っちゃう人だから。。

結局「広川町産業展示会館」になった。
ふみやさんが今回ピアノの方も一緒らしく、ピアノがあれば嬉しいって話でね、
それならピアノの発表会の後だからグランドピアノがそのまま使える、って事になって^ ^

その後も和子から何度も電話が入る。
「純ちゃーん、100人は集めたいと思ってるけどねー、ムリかもしれーん。頑張ってるんやけどねぇ」って。
「だけん、和子。そんなムリせんで大丈夫やけん」と何度も言った。
「純ちゃーん、ふみやさんや齊藤洋二さん、楽しい曲やみんなが知ってる曲やってもらえるやろーか?
広川は田舎町やけーんって丸山くんが心配しとらすとぉー」とか不安げに。
「なるべくね、来てもらった人には喜んでもらえるようにするから。ふみやさんにも伝えるから」となだめたけど。。
なんだか私も不安になる。

そして昨日ついに「広川町産業展示会館」でした。
帰られる皆さんを出口で、和子とお見送りしてたら、皆さん口々に
「楽しかったぁ、来て良かったぁ」とおっしゃって帰られていく。
終始いっぱいいっぱいだった私も安堵です(>_<)
そして和子が心配していた集客は。。
和子がホント頑張って100人以上のお客様でね^ ^
椅子を並べながら「こげん並べても何人来てくれるっちゃろーか?」とか言ってたのに、
椅子足りなくてかなり追加したそーです^ ^

それから私はとっても嬉しい夜になったの。
それはオペレーターで来てた方が「原口さんお久し振りです」と言う。
私のホームページのライブスケジュールは2001年4月祖原の「Cafe楽屋」から始まってるんだけど、その楽屋のマスターだった!
海舟さんが企画してやってくれたライブだったなー、なんて感慨深くいたら、
中津江のステージを見て「一目惚れしたばい^ ^」と言って佐賀の「基峰鶴」の酒蔵でライブ企画してくれた埋ちゃん、
久留米の大聖堂でクリスマスライブを企画してくれた山本さん。
彼女はあの日クリスマスライブだからと思案してる私に
「純子さん、教会だからって遠慮しないで何時もの感じで歌ってね」と言ってくれたのを覚えてる。
和子が企画してくれた「広川くだもの園」の中村さん、熊本の玉名にホントよく呼んでもらった聖さん、
私が誘った時は「来れない」と言っていたお化けは
「和ねぇに脅されたら来ん訳にはいかんでしょ~」とか言って来てる!笑
そぅ、だいたいね、私に和子やとしぼーを引き合わせた久留米の「仙樹」を企画してくれたのはお化けだったね♪
そして今日は久し振りにyotaりんがお迎えに来てくれて恵美ちゃんと広川まで来たの。
長崎からは船に乗ってあきおさん、ナズさんも長崎から、西鉄チームのビビるとエイジくんとね。。

「もう皆んなそれぞれ10年以上なるね」なんて考えながら一番後ろに立って会場を見渡した。
ふみやさんのステージを撮ってるyotaりんがファインダーを覗いている。
yotaりんがカメラを抱えた姿って昔から好きなんだなーとか思いながら、
「yotaりん歳とったな」と思った。
ふみやさんの歌と、
そして涙が溢れて止まらない。

それはね、
嬉しくてだったの。
こんなに長い間みんなそばにいてくれて、
私もだけどみんな歳とって。。
本当に感謝してる。
嬉しくて、涙がボロボロとこぼれた。