FC2ブログ

枚方「117−55(いいなここ)」

だからね、
倉敷の後は、炎天下で野外のイベントだから、当初は今日は帰りの船の予定だったんです。
それが、5月の東大阪「MK2」の日に綾子ママが、
「嬉しいんやけどな、いつもお客さん満員や〜ん。私ホントはバタバタせんと純子さんの歌が聴きたいねん。
この店月曜が定休日やから、もし月曜にライブやってくれはったら私どこまででも聴きに行くのになぁ〜」と言って、
私はバンボストックの翌日は月曜日祭日だけど、きっと疲れてるから帰る予定と話をした。
マサさんと、菅さんが「そんな事なら行きつけのお店に聞いてみます!」と言って、
今回は綾子ママのわがままで枚方の「117−55」をマサさんが決めてくれた(笑)

「117−55」はね、今年1月にパフの企画のイベントにゲストで呼んでもらっていたんで2度目です。
でも、1月の時はさむちゃんが居てくれて、枚方駅そばに出来たばかりのカプセルホテルに一緒に泊まってくれたりと楽しかったんだけど、今回はさむちゃんは帯広でだったから、寂しいな・・・と思ってた。
でも、京都護衛官のもんどさんが居てくれて、後マサさんとパフも居てくれて^^
それから「MK2」チームからくまちゃんと綾子ママ、竹村さんとNao&Mackeyさん^^
ありがとう、本当に心強いです♪

被災の倉敷の後と、1日炎天下の野外イベントの後で疲れもあって声は枯れ枯れで申し訳なかった。
「MK2」に必ず来てくれるNaoさんが、
「純子さん、今日はまた声が掠れてて切なくて。いつもより歌が入って来たてホンマ来てよかったわぁ」って言ってくれた。
それから、綾子ママが「純子さん、やっぱり良かったわぁ。1曲目から入り込めた〜」って^ ^
ボロボロだったけど、頑張って良かった。

今夜は京都祇園の宵山だそうで、
「こんな機会だから行ってみましょう」ってもんどさんが打ち上げ後タクシーで急いで京都まで。
さすがに宵山は終わっていたけど、浴衣姿の若い子や出店や明かりが灯る宵山が見れた。
京都の夏、・・・風流でとても素敵^^
かくいう私は、博多山笠にも出向いたことはありませんが!笑

姫路「バンボストック」

倉敷が終わり、翌日は姫路の野外イベント「バンボストック」です。
キャンプ場で朝11時から始まって夜は9時まで、苦手な炎天下の野外なんですが、
バンちゃん企画で、知ってる人がかなり居て、毎年参加させてもらっています。
たかけんがいるからね、倉敷の夜も遅く(笑)、翌朝の倉敷出発は9時。
それでもキャンディーちゃんなんで移動は助かります^^

私の出番は5:30位だったかな?
一日お日様を浴びて、ステージの上はライティングで汗でドロドロ、ギターのネックも湿気で指が動かない。
緊張する(涙)って思ってると、司会がさえちゃんからどっすんと隊長に変わった。
「皆さんから『隊長』って呼んでもらっておりますが、実は原口純子の応援隊長なんです」って隊長が自己紹介して、
どっすんは一緒にいて私がどんなに食べるかを皆さんに話してくれてます!笑
今夜もラストの曲はなべちゃんにサポート、スライド入れてもらっちゃった♪

全行程が終わって、ステージやPA、テントの片付けをして打ち上げが始まる。
私は遅い出番だったから、実はお酒も食べるのも控えていて。。。
「純子さん、美味しい日本酒用意してます!」
「純子さん、肉が焼けました」って声がしたかと思うと、
「原口純子、明日があるんで失礼しま〜す」とどっすんが右手を挙げた(◎_◎;)
後ろ髪を引かれながら皆さんにご挨拶をして、今夜は神戸のカプセルホテル。
そこまでキャンディーちゃんが送ってくれて、明日も朝京都まで送ってくれるって。。。
有り難いです、どっすん、さすがです。

翌日は「お昼何食べます?」ってどっすんが言って、少し遠いけど「とろとろ」まで行ってもらった。
たまたまだったけど、みゆきちゃんが今日お誕生日だそうで。
それはそれは喜んでくれて、ほんとありがとう、どっすん♪
でね、
「純子ちゃん、12月にライブしてや〜!」ってみゆきちゃんが言って、
「ほ〜ら、来て良かったですやん!」ってどっすんです。

それからホテルに着くともんどさんが待っていてくれて、
「ここからは原口純子宜しくお願いします」ってどっすんからもんどさんに引き継ぎ完了(笑)
どっすんはお江戸へ。。。気をつけてね。
で、私はいらない荷物をホテルに置いてバタバタと出発です。
今夜は枚方「117−55(いいなここ)」なのです♪

倉敷「PoloAlto」

「純子さん、すみません。お客さん僕一人かもしれんのじゃけど」
ってくにちゃんから連絡がきた。
いいの、くにちゃん一人でも^^
こんな時に歌わせてもらえるなんて、それだけで有り難いのです。

どっすんが神戸の港にお迎えに来てくれて、途中ホームセンターに寄って土のう入れる袋や軍手、ネットで調べてボランティアで不足してるって品を買い集めて倉敷入り^^
「この辺りは被害が殆どなくて」と言うマスターもボランティアに参加してるそうです。
「そんな気分になれんですみません」と来れないと言ってたチズちゃんが来てくれて、
たかけんと三人、カープ色の真っ赤な衣装に合わせてるの!
「みんなに元気になってもらわにゃ〜」って^^

先月、福岡のライブに来てくれた龍ちゃんは、
「ごめんな、倉敷には行けんのんよ」って言ってたのに?
「龍ちゃん、今日は来れないって言ってなかった?」って聞くと、
「それがこの震災で用事がなくなってしもうてな、来れるようになったんよ」って。
こんな人もいる(笑)

そして、チズちゃんとたかけんの歌に続いてくにちゃんのハープです。
「小さい頃から川遊びが大好きで、それが今回川がこんな事になってしまって。。。
ボランティアは自分のためなんです」
そんなMCから「流れのままに」を吹いた。
今日は泣きまいと決めてた私だったけどボロボロと泣かされた。

東日本大震災の時も実は日に日に調子が悪くなって声が出なくなって。
大鎚町の仮設住宅の公園で歌った時は全く声が出なくて、仮設住宅の中にある仮設の診療所に飛び込んだ。
それが今回も倉敷が近づくほど喉の調子がおかしくて(涙)
まったく「メンタル弱わっ」で嫌になる。

それなのに、
チズちゃんもたかけんもくにちゃんも、龍ちゃんも和ちゃんもどっすんも、田辺さんも板垣くんも・・・
みんな喜んでくれて、チズちゃんは「ホントに来てよかった」って言ってくれて。。。
私もね、誰より感謝しています。
ありがとう。

倉敷と三原

阪急フェリーで神戸まで、そこからはどっすんのキャンディ号で倉敷入りです。

「ちづちゃんに状況を聞いてみましたが、ちづちゃんのところより三原方面の方が困ってるみたいね。
さとさんのところまでひとっ走り水でも持って行く?」と。
神戸から三原までって、倉敷通過してかなりの距離なんです。
さすが、どっすんです^ ^

千鶴ちゃんも裏山が崩れて土砂災害にあって家に帰れないってfacebookに書いてあるし、
はるのに「お水持って行こうか?」ってメールしたら、
「純子さん、こんな状況だし来ん方がええかもよ。断水でイオンのトイレも使えんのよ。
satoちゃんトコも泊まれんのじゃない?」
と、はるのから心配の電話もあり、慌ててsatoに「ホテル取ろうか?」と連絡した。

「断水が20日とか21日に終わるかも?っていう状況です😅
一緒に水くみに行ってくれる?
バケツ一杯で、行水になるけど😅💦
今、毎日それ😅
それで、身体も髪も洗ってるんよ😅」
って、satoからの返事です^ ^
もちろん水汲みもバケツ一杯の行水もお付き合いしま〜す^ ^

そして、
「たかけんさんから延期の意見が出てるのですが。
それより何より、こんな時だからこそ、ボクは、純子さんの歌が聴きたいです。」
と、くにちゃんからLINEが届いた。

何も出来ない私です。
歌を届けに行きます。
それと、皆んなの顔を見に行くの。
ここに居てニュース見てると心配ばかりがつのるから。

帯広・苫小牧

心置き無く落ち着ける場所、帯広は。
毎年前乗りして屋台村「おかげさん」に顔を出してライブの宣伝をして、ライブ当日昼間は決まってまぁちゃんが回転寿司をご馳走してくれてから豊頃のアメリカンドーナツ「朝日堂」へ良ちゃんに逢いに行く。
それが今年は前日の金曜日に釧路、翌日は苫小牧が入ってしまい、帯広の滞在時間は短い(涙)
釧路を10時過ぎの電車で出発し帯広に着くとさむちゃんがちょうど改札口に来た。
「まぁちゃんが車で待ってんのさ」って言いながらさむちゃんが前を歩く。
「さむちゃん、さっき向こうから歩いてきたけどこっちで間違いない?」と聞くと「北口だから間違いないよ」って。
さむちゃんがどんどん歩いてると後ろから「ちょっとぉ〜、どこに行ってんのぉ?」って。。。振り向くとまぁちゃんが慌ててる。
「あんまり遅いから来てみると、二人でどんどん反対に歩いてるからさ」って(笑)
恐るべしさむちゃん!

「お腹空いてるかい?お寿司行くかい?」ってまぁちゃんが言っていつもの「羽衣亭」です^^
お腹いっぱいで車に乗り込むと「じゃ、これから行っていい?」ってまぁちゃんが電話してる。
「良ちゃんが待ってるって!豊頃まで行ってみるかい?」って!!!嬉しいなぁ。
で、お腹いっぱいでも食べちゃえるドーナツを3つに珈琲を頂いて、良ちゃんのブルーズの話を聞いたり、さむちゃんはドブロギター抱えて記念撮影してます♪
帯広で過ごすこんな時間が私の宝物です^^
「アンダンテ」は新しいお客様も数人、必ず来てくれる良ちゃん、五十嵐さんと田子さん、岡田さんにさおりん、川崎さんとゆっこちゃんと・・・お店いっぱいです^^
初めて来た方が「屋台村でチラシを見て」と言ってくれて、お客さんにご挨拶して帰り支度をしてるとまぁちゃんが「純子さん、屋台村顔出してみるかい?」って^^
さすがまぁちゃんです、ありがとう♪

北の屋台「おかげさん」を覗くと土曜日だしすでにいっぱいのお客さん、と言っても7人程でいっぱいだけど!笑
カウンターから「まぁ、今夜だったの?」って大声でおかみさんが叫んで「ここのチラシ見てね、今夜来てくれた人がいたからお礼に^^でもいっぱいだからママ、また来年来るね」と言うと若い女性が「来年?」って振り返って、「私たちもう出ますから入って」と言ってくれた。
「いいの、いいの、ゆっくりして」と私が言うと「もう長くいるんです、どうぞ」って^^
って、事でさむちゃんとまぁちゃんと3人ギューギューで入れてもらった。
売り上げに協力したいし、楽しいから「チンチロリン」です!笑
サイコロ振ってゾロ目が出たら大ジョッキーでハイボールが来るのね。
ママがカウンターの上に器を置いて私がサイコロを振ると、かすかに見えたのはハズレだったのに、「おめでとう!」ってママが言って大きなジョッキーにハイボールが来た。
もう、売り上げ貢献にならないよ(> <)これは数飲むしかないね^^笑

って事で短い滞在時間の帯広は、中身の濃い時間となりました。
そして翌日は10:30の帯広駅発千歳空港行きの高速バスに3時間、千歳からJRで苫小牧まで30分、苫小牧の駅に着くと千葉さんが待っていてくれてます^^
千葉さん宅に荷物を置いて「お腹空いてるよね?」って千葉さんの手作りお昼ご飯を食べて、お店入りです。

苫小牧も、みんな温かくて有り難いの。
芳賀さんと大場さんが今夜もご夫婦で、ゆきちゃんのお母さんと叔母さんも常連さん、で今夜は叔父さんも^^
そして千葉さん、はにーと種さんと石川さん。
大場さんがね、アンケートに「また来年もライヴに妻と二人で来ます。会える日を楽しみにしています。お身体を大切にして素敵な歌を聞かせてください」と書いてくれています。

本当なら翌日は帰る日。
でもね、千葉さんところでもう一泊お世話になって、昼間は種さんのハスカップの山小屋に、それから妙ちゃんの「ポムメリィ」で少し遅いランチ。
戻ると千葉さんが、私が好きって言ったチキンのブロイラーを買って待っていてくれて、ちなみに「夜来ます」って連絡があったはにーの分も^^
8時を過ぎてはにーが来て「感激ですぅ!」って言いながらブロイラーを食べて、千葉さんは気を使って自分の部屋へ行く。
はにーと話してたら間も無く娘の美和ちゃんが帰って来て、それからは3人姦しで夜遅くまでお喋りをした。
長いツアーも終わって・・・こんな時間が好き。